2018年12月12日

冬の日々は

12月12日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC120036.JPG

花見ヶ岩から、英彦山集落を見下ろす。
今日も暗く寒い一日だったな、これくらいで寒いなどとは言えないんだけどもね。
あぁ・・、もう冬眠しても好いな・・。

なんては云ってられない、英彦山の暮らしに「静」と「動」のリズムがあるとすれば、今からは
「静」に入る事になり、こんな時こそお勉強だな。


P1740075.JPG

先日は、九州大学大学院・芸術工学研究院准教授 知足 美加子先生の講演会へ行った。
知足先生は、英彦山山伏の末裔であり英彦山研究にいそしんでおられ、少々難解な内容だったが
それ故に新鮮な時間を過ごすことができたような気がする。


PC090025.JPG

PC090016_collage.jpg


そして、苅田町で開催中の「等覚寺の山岳信仰と松会」へも行ってきた。
かつて英彦山を頂点として栄えた「英彦山六峰」と云われる修験の山が豊前地方にあった、そこに
伝わる「松会神事」の資料などを展示解説してあり、これは勉強になった。


読んで、見て・足を運んで・確かめて・・が大事ですね。
ガイド活動が一段落する冬は、改めて英彦山を探索することにしよう。
雪も楽しみなんですけどね〜。

★ つれづれに一句

  悴んで をれぬ段取り ありにけり   yamahiko
    ・かじかんで おれぬだんどり ありにけり

「悴む」は、厳冬期に入るこれからの季語です。








posted by yamahiko at 20:09| ガイド

2018年12月11日

残る日数を

12月11日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB300007.JPG

★ つれづれに一句

  極月の 残る日数を 惜しみけり   yamahiko
    ・ごくげつの のこるひかずを おしみけり



極まる月と書いて「極月」、ちょうどこれから年末までの慌ただしさを表わす季語です。
街中のイルミネーションに照らされた喧噪をニュースなどで見ると、なおのこと何にもなくても
気忙しい気分になってしまう。

英彦山は?、しみじみと静かですよ。
静けさの中でも、新年を迎える準備がそろそろ始まるころになってきた。






posted by yamahiko at 16:41| 日々のあれこれ

2018年12月10日

「英彦山 花ごよみ」・12月の花

12月10日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

お茶PC080049.JPG

西日本新聞「英彦山 花ごよみ」、12月の花はチャ(茶)の花を紹介しています。
何もかもが枯れ葉て眠りつこうとする英彦山では、この花だけがひっそりと灯るように
咲いている。
もうじきこれも終わり、いよいよの冬になってゆく。

今年の1月から始まったこのシリーズ、早いものでもう12月になりました。


2018_0130_061112-P1300004ロウバイ・新聞記事.JPG

1月、ロウバイ。

つばきP22800042018-2-28西日本新聞.JPG

2月、ヤブツバキ。

ゲンカイツツジ・ショウジョバカマP3250001[1].jpg

3月、ゲンカイツツジとショウジョウバカマ。

ヒトリシズカP4260007[1].jpg

4月、ヒトリシズカ。

ホオノキ2018年5月11日西日本新聞P5110003.JPG

5月、ホオノキ。

オオヤマレンゲP6120006[1].jpg

6月、オオヤマレンゲ。

コオニユリP7170002-thumbnail2[1].jpg

7月、コオニユリ。

ノリウツギ・2018年8月22日西日本新聞.JPG

8月、ノリウツギ。

アケボノソウP9270074.JPG

9月、アケボノソウ。

ツリフネソウPA100001.JPG

10月、ツリフネソウ。

さざんかPB060004.JPG

11月、サザンカ。

毎月一つの花だけをピックアップするというのは、迷いに迷うもので取材記者の日程調整もあり、
それでも何だかんだと楽しい時間でもあった。
まだまだ紹介したい花は沢山ある、という訳で来年の春には再開でこの企画は続きます。
どうぞ宜しく。

こうやって、この一年を振り返る頃になってきたという事ですね。


★ つれづれに一句

  思ひ出す 事のさまざま 十二月   yamahiko
    ・おもいだす ことのさまざま じゅうにがつ











posted by yamahiko at 21:12| 植物・冬