2016年09月30日

雲の変幻

9月30日(金)

本日2回目の、更新です。
少し雨が上がり始めたので、花見ヶ岩からの撮れたて画像です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2016_0930_090911-P9300021.JPG

2016_0930_091842-P9300044.JPG

2016_0930_091926-P9300047.JPG

2016_0930_091857-P9300046.JPG

上仏来山周辺の、雲の変幻が素晴らしく見惚れてしまう。
銅鳥居付近が、見え隠れしていますね。

2016_0930_091000-P9300024.JPG

日岳がチョコンと見えて、添田町方面はスッポリ雲の下に隠れている。

2016_0930_091833-P9300043.JPG

一瞬現れた、英彦山の集落。
このまま雨が上がるかな・・、でもまだまだ分からない今日の英彦山です。
posted by yamahiko at 10:46| 今日の空

雨また雨

 9月30日(金)

雨が降り続きますね。
おまけにまた、台風がやって来るとか来ないとか。

今日で9月も終わり、青空にはイワシ雲、風も爽やかな・・、という10月に
なってほしいものです。


・写真をクリックすると、拡大されます。

2016_0929_133714-P9290005.JPG

2016_0928_155354-P9280001.JPG

咲き始めた、シュウメイギクも雨に打たれ。

2016_0929_133846-P9290008.JPG

2016_0929_134012-P9290010.JPG

雨粒キラリン、蜘蛛の糸。

2016_0929_134329-P9290016.JPG

ホトトギスの蕾にも、雨雫。

★ つれづれに一句

  どの草の 花ともつかず 乱れけり   Yamahiko
    ・どのくさの はなともつかず みだれけり
posted by yamahiko at 00:00| 日々のあれこれ

2016年09月29日

吉峯家・雪舟庭園のウスギモクセイ

 9月29日(木)

2016_0921_122619-P9210020-thumbnail2[1].jpg
                (9月21日撮影)

英彦山銅鳥居下の、ウスギモクセイ。

この花が香りを放つ頃、行ってみたいと思っていた山国町中摩殿畑山(991.1m)
の麓、彦山街道の途中奥谷集落にある「雪舟庭園」。
そこのウスギモクセイは、樹齢500年と伝わる古木で、英彦山との繋がりを
思わせるようなこの不思議。

と云う訳で、27日の続きです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2016_0926_104612-P9260031.JPG

この庭は奥谷集落の旧家吉峯家所有であり、代々守られてきた。
お目当てのモクセイの樹は、屋根をはるかに超え枝葉を広げて、辺りを払う
ように堂々としている。
蕾がビッシリと付いて、あと2・3日もしたら咲きそうだ。

3年前殿畑山登山の折に、立ち寄った時に色々説明してくれた吉峯さんご夫妻は
変わらずお元気だった。

英彦山遥拝所でもある、中摩殿畑山登山
http://hikosan.sblo.jp/archives/20130211-1.html
吉峯家、雪舟庭の記事
http://hikosan.sblo.jp/archives/20130212-1.html

2016_0926_105159-P9260041.JPG

2016_0926_104848-P9260034.JPG 2016_0926_105034-P9260038.JPG

2016_0926_105618-P9260048.JPG 2016_0926_110015-P9260053.JPG

庭園も綺麗に植栽の刈込がされており、この庭の世話で日が暮れてしまんですよ、と
ご夫妻は笑っておられたが、なるほど・・大変だろうなと思う。
そして、モクセイが咲く頃になると、見学者が増えてくるのが楽しみだとも。

英彦山信仰が深かったこの集落にある雪舟庭園、そして同じくして樹齢を重ねて
きたウスギモクセイの古木。
庭隅にはこれまた英彦山に伝わる、クリンソウの群落もあった。

調べてみると近くには「彦見山」もあると云い、これは登らなくては!
何から何まで英彦山との繋がりを今に伝えている、山国町奥谷集落でした。

★ つれづれに一句

  来歴を 語れば長し 秋日和   Yamahiko
    ・らいれきを かたればながし あきびより
posted by yamahiko at 00:00| 史跡ご案内

2016年09月28日

アケボノソウなど

 9月28日(水)

2016_0927_082624-P9270004.JPG

山国町行きの、続きは休みます。

昨日はどうやらこれから暫くの、最後の晴れ間らしいと云う事で山へ。
と云っても山頂までは登らないで、調べたいと思っていた事があったので
少しだけ南岳コースを歩くことにしました。

参道に差し込む朝日、大好きな時間です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

2016_0927_083920-P9270008.JPG

南岳コース入口から添田町方面を望むが、雲が多いとはいえまだ晴れている。
夕方から雨の予報が出ているので、今の内にどんどん歩いて昼前には
帰ることにしよう。

2016_0927_105639-P9270037.JPG

2016_0927_110112-P1650522.JPG

用事も終わって(山で用事とは可笑しいですが)、久しぶりに四王寺滝へ
行ったらやはり僅かな水量で、まぁだからこそ冬は氷瀑になるんですよね。

見上げると、飛沫がキラキラと飛んでいる。

2016_0927_110901-P9270042.JPG

もう微かに色づきが始まっている木もあり、紅葉の時期が楽しみだ。
この辺りから急に曇り始めたので、下山することにしよう。


登山道沿いの、花達です。

2016_0927_090603-P9270012.JPG

輝く黄色は、アキノキリンソウ。

2016_0927_091334-P9270015.JPG

今年は多いなぁ、スギヒラタケ。

2016_0927_123156-P9270074.JPG

2016_0927_091800-P9270022.JPG  2016_0927_091812-P9270024.JPG

風よ止んでくれ〜と思いながら撮った、レモンエゴマ。

2016_0927_120440-P9270048.JPG

2016_0927_120504-P9270050.JPG  2016_0927_120556-P9270051.JPG

自然はこんな美しさをつくるのか・・、アケボノソウ。

2016_0927_120956-P9270053.JPG

モリモリと、キノコ。

2016_0927_121957-P9270059.JPG

杉林に一株だけ咲いていた、ヤマシロギク。


2016_0927_122807-P9270063.JPG

少しくたびれ気味の、ゲンノショウコ。

2016_0927_122924-P9270066.JPG

これは紫が濃いなぁ、アキチョウジ。

2016_0927_123230-P9270076.JPG

そろそろ終わりも近い、マツカゼソウ。

★ つれづれに一句

  秋草の なべて茶花に 適ひけり   Yamahiko
     ・あきくさの なべてちゃばなに かないけり
posted by yamahiko at 00:00| 植物・秋

2016年09月27日

実りの秋に

9月27日(火)

2016_0926_113741-P9260070.JPG

英彦山から野峠を下ると、大分県の山国町へと入ります。
そして英彦山の東側にあたる中間殿畑山(991.1m)の麓、中詰集落へ
やって来ました。
この集落の奥には吉峯家の雪舟庭園があり、そこには樹齢500年と伝わる
ウスギモクセイの大木があり、この時期に是非行ってみたいと思っていたのです。

とその前に、中詰集落の秋景色にしばし遊びました。

・写真をクリクすると、拡大されます。

2016_0926_112735-P9260061.JPG

2016_0926_142943-P1650468.JPG

この集落からはその姿は見えないが、「中摩殿畑山」という面白い山名は、
周辺の中摩村一帯を支配した、豪族の中間氏にちなんだものと云われている。

その殿様の田畑が今豊作を迎え、里中が実りの秋の最中でちょうど通り
かかったのが幸運でした。

2016_0926_151047-P9260086.JPG   2016_0926_143828-P9260079.JPG

2016_0926_113332-P9260069.JPG

今どき刈り取った稲を天日干しにしているのが珍しく、声を掛けるとこの一帯は
地域の中心的な役割があったそうな。
そして米作り農家も減っているが、伝来の土地だから守って行かないとね・・、
天日干しの米は美味しいよ〜!、等々話してくれた。
有難うございます、お邪魔しました。

★ つれづれに一句

  田畑に 故事来歴や 秋高し   Yamahiko
    ・でんぱたに こじらいれきや あきたかし

さぁ、雪舟庭園はすぐ近い、行ってみよう。
ご夫妻は、変わらずお元気だろうか〜。

続きます。
posted by yamahiko at 00:00| 歳時記