2016年12月31日

来年も宜しく

12月31日(土)

PC310007.JPG

今年もいよいよ、今日が最後となりました。

このブログを見に来て頂いた沢山の方、有り難うございました。
何かと英彦山、英彦山と英彦山自慢ばかりしている記事ですが、来年もこの
ペースで、いいえ更にパワーアップしてまいります。

これからも英彦山を、よろしくお願いいたします。

皆様も良い年を、お迎えください。

★ つれづれに一句

  冷めやらぬ 英彦山熱よ 去年今年   yamahiko
    ・さめやらぬ ひこさんねつよ こぞことし

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜

英彦山神宮の、年明けは
https://www.town.soeda.fukuoka.jp/docs/2016122800013/
posted by yamahiko at 10:20| 歳時記

2016年12月30日

年用意

12月30日(金)

本日、2回目の更新です。

皆さん、もう新年を迎える準備は出来ましたか〜?
英彦山は静かながらも、家の中ではあれやこれやの真っ最中。

登り納めで我が家に立ち寄って頂いた豊津の信ちゃんご夫妻とお仲間、有り難うございました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1660888.JPG

集落の「市護神社」の掃除も終わり、注連縄も新しくなった。
さてもうこれで、お正月の準備完了です。

★ つれづれに一句

  白妙の 幣にもありぬ 年用意   yamahiko
    ・しろたえの ぬさにもありぬ としようい

明日の更新は少し遅れますが、宜しくおお願いします。

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜

英彦山神宮の、年明けは
https://www.town.soeda.fukuoka.jp/docs/2016122800013/
posted by yamahiko at 18:14| 日々のあれこれ

津野集落から、新雪を戴く

12月30日(金)

時雨が降り続いた昨日、いよいよ年の瀬が迫りなにかとバタバタですね。
バタバタ、アタフタが多くなる昨今であります。

里は時雨でも山はすっかり雪になっているようで、添田町に降りた昼過ぎ
何気なく英彦山の方を見たら、遠目にも真っ白に見える!

・クリックすると、拡大されます。

PC290003.JPG

PC290008.JPG

上津野のいつものお気に入りスポットへ廻って、英彦山を遠望。

28日に登り納めで山頂へ行った時よりも、さらに積雪量は増えているみたいです。
新雪を戴く霊峰英彦山、母なる山英彦山、威風堂々としていますね。
霧が濃く流れ、まだまだ雪は降っているんだろう。

★ つれづれに一句

  山霧や 遠峯は雪で あるらしき   yamahiko
    ・やまぎりや とおねはゆきで あるらしき


本日の、おまけ。

PC290004.JPG

時雨の後の、キラキラ!

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜

英彦山神宮の、年明けは
https://www.town.soeda.fukuoka.jp/docs/2016122800013/
posted by yamahiko at 00:00| 英彦山遠望スポット

2016年12月29日

登り納め、雪の中岳へ

12月29日(木)

今年は暖冬気味でなかなか雪が降らない、年末を控え新年へと向かう中で
こうなったら暖かいに越したことはないが、それでも嬉しい雪景色!

そんなつかの間の積雪になった昨日、中岳まで登りました。
今年最後の山頂バイオトイレの掃除当番でもあり、お山の登り納めです。

・写真をクリックすると、拡大されます。


PC280001.JPG   PC280007.JPG

PC280008.JPG

英彦山神宮も新年を迎える準備が着々と進み、うっすらと積もる雪、新鮮な気持ちで
正面コースを登ろう。
いつも北や南ばかりなので、1年の終わりはこのコースだ。

PC280015.JPG PC280017.JPG   

P1660885.JPG

展望台が新しくテーブルセットになっていて、添田町が遠くに見えている。
町の方は、あんなに晴れているんだ〜。
寒いというよりも風が強く、耳まで痛くなってきた。

中津宮を過ぎたあたりから、谷の方を見下ろすと南岳コースの「玉屋見口」の岩場が
雪に覆われた杉木立の間から姿を現す。


PC280019.JPG   PC280022.JPG

小さな祠にも真新しい注連縄と御幣だ、英彦山らしいなと思う。

バードラインの合流地点あたりまで来ると、さっきからの強風がピタリとなくなり
一つ谷が違うとこうも穏やかになるものか・・。

PC280025.JPG

それにしても・・・、暗い。
あぁ、青空が欲しい、これで日が射しこめばどんなに奇麗な雪景色だろうか。

などなど思いながら、中岳山頂に到着。

PC280026.JPG

バイオトイレの掃除は、この時期はまづ雪掻きから始めなければいけない。
これから厳冬期に向かい、トラブルもなしにどうか乗り越えられますように。

休憩所は落ち葉が吹き寄せられていたので、それも掃除だ。

PC280033.JPG   PC280037.JPG

PC280043.JPG

雲が多くやはり暗いな、気温は氷点下2℃。
 
PC280038.JPG   PC280042.JPG

PC280044.JPG

「エビのしっぽ」も風が吹くごとに成長しているみたい、時折雲が流れて青空が覗くが
さて下山しよう、と思っていたら次々に登ってくる人たち。
こんにちは〜、聞くと皆さん登り納めだといい、雪景色で良かったですね。


PC280046.JPG

北西尾根の方は明るい、この景色好きだなぁ。
時間がない、バードラインを下ろう。

PC280049.JPG 

バードラインを下っていると晴れてきた、今頃になって晴れてきた〜!
山頂にいる時にどうして晴れてくれなかったんだ、と思うがこういう事もあるんですよね。

★ つれづれに一句

  日差し得て 荘厳されし 霧氷林   yamahiko
     ・ひざしえて しょうごんされし むひょうりん

※ お知らせです。
英彦山神宮の新年は
https://www.town.soeda.fukuoka.jp/docs/2016122800013/
posted by yamahiko at 00:00| 山行記録

2016年12月28日

花見ヶ岩から、天使の階段

12月28日(水)

PC270006.JPG

終日冬雲に覆われた、昨日の英彦山です。

風は止んだが雨は降り続く、外は暗い、さてこういう日はどうすればいいんだか、と
なるもので、おとなしく家に閉じこもろう。
山の暮らしは晴耕雨読の心構えでいこう、と言っていられるのもほんの半日で、すぐに
退屈してしまうものです。

ちょっと、花見ヶ岩へ行ってみよう。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC270039.JPG

PC270041.JPG

暗い雲が次々に流れてきて、それでも一瞬上仏来山と障子ヶ岳に日が射しこんだ。
「天使の階段」です。

この景色を見られただけでも、来て良かったと思う。

PC270022.JPG

もう畑仕事も終わった唐ヶ谷集落が、眼下に小さく見えている。
この1年何回ここに立ち、この絶景を眺めたことだろう、などとしみじみしていたら、
霧雨が時雨に変わり、気温もどんどん下がり始めてきた。

もしかしたら、山は雪かも知れない。

★ つれづれに一句

  遠山を いつしか隠し 時雨けり   yamahiko
    ・とおやまを いつしかかくし しぐれけり

そして、
PC270051.JPG

もう、こういう季節です。

さて今日は今年最後の、バイオトイレ掃除当番で中岳まで登ります。
山頂は雪景色か、霧氷か〜〜?
posted by yamahiko at 00:00| 今日の空