2017年11月30日

紅葉散らしの雨

11月30日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB290004.JPG

しばらく続いた小春日和から、うって変わったような雨の一日になった英彦山です。
もうこれで終わりだと云っているように、散る々紅葉散る。

★ つれづれに一句

  一夜さに 紅葉散らしの 雨となり   yamahiko
    ・いちやさに もみじちらしの あめとなり


P1700568.JPG

PB290007.JPG

P1700574.JPG

気が付けば、11月も終わりです。
明日から「師走」と聞いただけで、気ぜわしく感じるものだが、まずはこの
散り紅葉を楽しもう。

★ つれづれに一句

  こんなにも 彩を重ねて 冬の雨   yamahiko
    ・こんなにも いろをかさねて ふゆのあめ
posted by yamahiko at 00:00| 日々のあれこれ

2017年11月29日

麗らかに、現地勉強会へ

11月29日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB280015.JPG

アレレェ〜〜、通り抜けられるかな〜!
大丈夫、この「針の耳」は心の清い人のみが通り抜けられると云われており、無事に通過できた。
好かった、好かった。

昨日は、ガイドの現地勉強会でした。
銅鳥居から守静坊、宗像神社、花見ヶ岩、地蔵坂、鷹巣原、針の耳、高住神社(豊前坊)と、皆で
一つずつ確認しながら巡りました、

P1700556_collage.jpg

PB280023.JPG

当たり前のように知っているつもりでも、皆で確認し合うと改めて意識が高まるもので、
やはり現場に行くことは大切だ。

冬うらら、勉強日和り、山日和り〜、ですね。

PB280004.JPG

PB280010.JPG

P1700552.JPG


★ つれづれに一句

  英彦山を 学ぶ集ひや 冬麗   yamahiko
   ・ひこさんを まなぶつどいや ふゆうらら
posted by yamahiko at 00:00| ガイド

2017年11月28日

冬日和り

11月28日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB270003.JPG

朝夕の気温差が激しい事と云ったら、もう〜。
特に午後からの山の陽ざしは強く、太陽の力は大したものだとつくづく思う。

青空に実った柿が映えていて、それでも誰も採らないのか成り放題になっているので、
鳥たちは暫くの間は、ご馳走には困らないんだろうなぁ。

PB270009.JPG

冬紅葉も、最後の色を尽くしている。

PB270005.JPG

PB270002_collage.jpg

実りもあれば、散りゆくものとすがれゆくもの、凋落の前の華やぎに満ちている冬日和りです。

★ つれづれに一句

  実るもの すがれゆくもの 冬日和り   yamahiko
    ・みのるもの すがれゆくもの ふゆびより
posted by yamahiko at 00:00| 歳時記