2018年03月31日

桜の開花状況・守静坊の枝垂れ桜、表参道

3月31日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3300033.JPG

すっかり日課のようになった、守静坊の枝垂れ桜通い。

もう、満開の見頃になりましたよ。
風もなく雨に降られることもなく、今年のサクラは長く楽しめそうです。


P3300005.JPG

P3300012.JPG

P3300019_collage.jpg

P3300028.JPG

P3300025 (1).JPG


次々にやって来る花見の人たち、「yamahikoさん〜、ブログ見て来ましたよ〜」、「始めて来ました、
スゴイですね、奇麗〜〜!」、「古木なんですね、樹齢はどれくらいなんでしょうねぇ〜?」、等々。
その度に説明するので、しゃべり疲れ気味になってしまった。

★ つれづれに一句

  来歴を 語れば長し 里桜  yamahiko
    ・らいれきを かたればながし さとざくら

テレビ局の取材もあったしね、有り難うございました!

参道のサクラも、咲き始めています。

P3300040.JPG

P3300047.JPG


P3300036.JPG

P3300042_collage.jpg

★ つれづれに一句

  花仰ぐ 心素直で ありしかな   yamahiko
    ・はなあおぐ こころすなおで ありしかな


本日のおまけ。

P3300025.JPG

サクラも好いけど・・、ツクシも出てるよ 
posted by yamahiko at 00:00| 植物・春

2018年03月30日

桜の開花状況・守静坊の枝垂れ桜、添田公園と大日寺

3月30日(金)

だんだん、サクラの追っかけが気忙しくなってきた。
今年は何もかもが一気に咲き始めたので、呑気にしていられません。
咲き急ぐサクラ、もう少し時間が欲しい〜!

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3290038.JPG


P3290044.JPG

守静坊の枝垂れ桜、一日でこんなに咲き進むのかと云うほどに。
もう見頃と云って好いかも知れない!

入れ替わり立ち代わり、カメラマンが早くも来てはポイントを探している。


P3290067.JPG


P3290070.JPG


P3290072.JPG

樹齢二百年、山伏も愛でた枝垂れ桜です。

★ つれづれに一句

  山伏の 愛でし桜と 知れば尚   yamahiko
    ・やまぶしの めでしさくらと しればなお


添田公園と、その奥の大日寺。

P3290034.JPG

P3290030.JPG

もう満開です、大日寺の枝垂れ桜を目指して桜のトンネルを抜けて行く。


P3290015.JPG


P3290022.JPG


P3290009_collage.jpg


P3290004.JPG

朱色の浮御堂と云い、水面に写り込む桜と云い、画になる道具立てが揃っているので
ここに来ると皆が、名カメラマンになったような気分になる。
散り際も好いだろうな。

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜

P3290054.JPG

P3290060.JPG

午後からはミツマタの取材で新聞記者を案内して参道を登り、守静坊の枝垂れ桜も
同行して・・、と少しバテました〜。
posted by yamahiko at 00:00| 植物・春

2018年03月29日

玉屋谷の探索へ

3月29日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3280040.JPG

ガイドの勉強会も座学は終了して、さぁ現地を歩こう。
訪ねたらきりがない程英彦山にはその歴史を物語るポイントはあるが、玉屋神社周辺の
探索も面白い。

分け入って見上げたら、梵字が刻まれている大岩だったり。

P3280042.JPG

よじ登ってツラツラ見ても、もうこれが限界だ。
こんな峻険な岩場を、山伏達は修行の場としていたのか・・。

P3280032.JPG

谷を登って行くと、かつての坊舎の豪壮な石垣群が出てくる。
ここは「玉屋谷」と云い、この一帯から英彦山の歴史は始まったと伝わり、確かに山伏の
暮らしがあった、その名残を見ることが出来ます。

P3280017_collage.jpg

P3280031.JPG

P3280027.JPG

坊跡が今では杉林になりそこに差し掛かると、ミツマタの大群生地が突然広がる。
人知れずこれだけのミツマタの花が咲いている景色は、ある意味では荒涼とも見えて、この谷の
盛衰を思わずにはいられない。

★ つれづれに一句

  霊山の 栄枯盛衰 春憂ひ   yamahiko
     ・れいざんの えいこせいすい はるうれい

知り合いの山岳会メンバーとバッタリ出会う、最近はこの時期に訪れる人も増えているようだ。

P3280052.JPG

奇岩。

P3280050.JPG

見上げれば、ゲンカイツツジのピンク。
今年は辺り年のようで、周辺の岩にも見えている。

P3280053.JPG

障子ヶ岳を、正面に見る。

P3280047.JPG

玉屋神社で、ハイ、記念写真ですよ。
半日の玉屋谷探索でした、お疲れ様でした〜。

・7時20分、追記します。

P3290002.JPG

P3290005.JPG

P3290008.JPG

今朝のテレビニュースで、参道のミツマタの花が放映されましたね。
満開ラッシュだ!、有り難うございました。
posted by yamahiko at 00:00| ガイド

2018年03月28日

桜の開花状況・守静坊の枝垂れ桜、表参道

3月28日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1710976.JPG

守静坊の枝垂れ桜、この何日かの陽気で一気に咲き進んでいます。
朝の柔らかい日差しの内に撮ろうと9時に到着、撮れたて画像です。

6・7分咲きくらいかな、今週末には見頃になり始めるかも。

P1710946.JPG

P1710961.JPG

P1710947_collage.jpg

P1710970.JPG

P1710978.JPG

ワンコも、見惚れてる〜!

P1710990.JPG

由来書きも、お読みください。
山伏も愛でた、枝垂れ桜です。

P1710994.JPG

P1710996.JPG

銅鳥居付近の駐車場から徒歩で、国道の99番カーブミラーを目印に、横の小路を下ります。

P1710998.JPG

P1720016.JPG

P1720023.JPG

P1720007.JPG

P1720010.JPG

参道の桜並木はまだ蕾が多いが、もうほころび始めているのもあり、ここも一気に
開花しそうです。
また日を追って、順次お知らせします。

★ つれづれに一句

  初花の 兆しに満ちて をりし里   yamahiko
    ・はつはなの きざしにみちて おりしさと


本日のおまけ。

P1720004.JPG

青空が嬉しい。
posted by yamahiko at 12:23| 植物・春

2018年03月27日

小路を行けば

 3月27日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1710936.JPG

春の日盛りは、小鳥たちの囀りと麗らかな日差しに満ちているが、それから逃れるように
小路に入り込むと、静かにおわす石仏に出逢う事がある。

その昔は山伏が行き交い、暮らしの往来があっただろうが、それも絶えてしまった歳月を思う。

人の気配はなくともささやかに祀られており、それも一冬の風雪で荒れかかっているがこの季節は、
彩りを見ることが出来る。

P1710927.JPG

P1710920.JPG

P1710919.JPG

落ちツバキの、散華(さんげ)だ。
仏を讃え、供養するために花々を撒くことを、散華と云うと何かで読んだ覚えがあるが、英彦山は
今はツバキがそれを果たしているようだ。

誰も通らない小路、そこにはいつもの見慣れた英彦山とは違うものに出逢う事がある。

★ つれづれに一句

  落ち椿 乱るるままの 散華なる   yamahiko
    ・おちつばき みだるるままの さんげなる


〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜

今日はガイドの勉強会、さて出掛けようとしたらテレビ局カメラマンからの電話があり、「今英彦山へ
向かっていますよ〜、ミツマタの花の撮影です〜」。

お願いしていたミツマタの取材だ!、さてどうしよう・・・。
「スミマセ〜ン、今から勉強会でご案内できなくて、宜しくお願いします〜」。

という訳で、無事に夕方のニュースで放映されました。

P3270005 (1).JPG

P3270010.JPG

綺麗に撮影して戴き、有り難うございました!
posted by yamahiko at 21:02| 日々のあれこれ