2018年05月31日

霧の中、正面コースへ

5月31日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5300023.JPG

やはり予報通り、朝からドンヨリだな。
それでも今日は、山頂のバイオトイレの掃除当番なので登らないと・・、途中で降られても大した
事にはならないだろうし・・・、オオヤマレンゲのその後も気がかりだし・・。

という訳で、霧深い正面コースを往復することに。
日差しは期待できないなら何時に登っても同じだと、6時前には歩き始めることにしたが、晴天の
青空の下も好いけど山霧が立ち込める山路は、幽玄でこれも英彦山らしくて中々のものだ。

P5300008.JPG

P1720531.JPG

谷間に咲くホオの花が暗い霧の中に白く浮かび上がり、それを何とか撮ろうと頑張ってみたが
私のカメラでは、これが限界ですね。
登る程に益々暗くなってくるが、風がないので歩きやすくこんな日も好いものだ。

P5300041.JPG

行者堂を、通過。
そして参道沿いのオオヤマレンゲは、お祭り状態に咲き始めている!

P1720541.JPG


P1720554.JPG


P5300032.JPG


P1720551_collage.jpg

一気に開き始めた、という感じ。

少し暗い中で花の純白が余計に際立って見えるようです、やはり「山の貴婦人」だ。
北岳コースも、もう咲いているかもしれない。
暫く、上から下から撮影タイムとしよう。

ここで時間を取られ過ぎてしまった、山頂までもう少しだ。

P5300006_collage.jpg

P5300011.JPG

中岳休憩所のバイオトイレ、掃除を済ませ連絡帳に記入して終了。

といとう誰にも逢わなかったが、時間が早かったから・・などとも思うが、その静けさが尚のこと
流れる霧の深さを呼んでいるのかも知れない。

★ つれづれに一句

  夏霧や 英彦の天狗に 逢へそふな   yamahiko
    ・なつぎりや ひこのてんぐに あえそうな 


山路の花たち。

P5300027.JPG

ツクシタツナミソウ。

P5300045.JPG

マルミノヤマゴボウ。

P5300055.JPG

P5300057.JPG

キノコも、見つけたよ。

お疲れさまでした〜。
posted by yamahiko at 00:00| 山行記録

2018年05月30日

梅雨入りの空は

5月30日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5290008.JPG

梅雨入りしたばかりの空、晴れるでもなく、と云って降るでもないという雲の多い一日です。
これからは暫くは、こんなすっきりしない空模様が続きそう。

P5290016.JPG


P5290018.JPG


P5290019.JPG


雲が多いということは、夕焼けともなると見応えがあり、こんなことだったら花見ヶ岩へ
行くんだったな・・、とちょっと後悔した昨日の夕景です。

梅雨だからと云っても油断はできませんね、夕焼け日和りになる事もあるのだから。

★ つれづれに一句

   思はざる 色となりたる 梅雨入り空   yamahiko
    ・おもわざる いろとなりたる ついりぞら
posted by yamahiko at 00:00| 今日の空

2018年05月29日

豊前坊の狛犬は

5月29日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5250007.JPG

北岳コースへの登山口でもある、豊前坊。
まず参拝して・・、と云う時にもすっかりお馴染みの社殿ですが、いつも気掛かりになっている
モノがあり、それは一対の狛犬です。
社殿へ上る石段の下に、鎮座している。

P5250008.JPG

P5250009.JPG

向かって右の狛犬の正面と、側面。


P5250011.JPG

P5250010.JPG

左側の狛犬の正面と、側面。

どうですか・・、チョット愛嬌があるでしょう・・?
お座りをした姿が何とも素朴で愛らしく、一般的な獅子型狛犬と比べて小型で威圧感が全くなく
ほのぼのと参拝者を迎えているようだ。

聞くと狛犬マニアやその筋の(?)研究者が訪ねて来ることもあるといい、彼らが口を揃えて
云うには、これは相当に古式の狛犬らしい。
不思議と云うか謎は、普通狛犬の一対は正面を向いているものだが、これの左側の顔だけが
横向きになっていることだ。
英彦山の資料にもまったく載っておらず謎めいているが、こうなってくるとこれの来歴を
知りたくなってくると云うものです。

P5250015.JPG

北部九州も梅雨入りしましたね。
これから長雨で梅雨籠りをすることが多くなってきますが、こういう時は「狛犬調査隊」も
面白いかもしれない、分かったことがあれば叉お知らせしますね。

★ つれづれに一句

   読み耽る 故事来歴や 夏灯し   yamahiko
    ・よみふける こじらいれきや なつともし
posted by yamahiko at 06:25| 史跡ご案内