2019年02月28日

千年神事、お潮井採り

2月28日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2280005.JPG

少しづつではあるが、木の芽、草の芽も膨らんでいるこの頃、もう山気に春は兆している。
今日は英彦山に春を呼ぶ神事、「お潮井採り」の出立ちの日でした。

英彦山神宮の最も古い神事の一つが、「お潮井採り」です。

毎年2月末日(旧暦の正月26日)に、英彦山の「松会祈年祭」の行事のために、今川、祓川流域の
九里八丁(39キロ)の道を辿り、行橋市沓尾海岸・姥が懐(うばがふところ)で禊をする。
その潮水を竹筒に汲み英彦山に持ち帰り、山内を清める平安時代から連綿と続けられており、毎年この
日を迎えると英彦山では、春の到来を実感するものです。


P2280002.JPG

P2280012.JPG

P1740575.JPG

宮司をはじめ、神官、氏子総代がうち揃い出立ちの神事を行い、9時ちょうどに法螺貝を
吹きつつ参道を下り出発です。
この時期は季節の変わり目で、雪になるか、時雨になるかと心配させられるが、今年は昨日
までの雨も上がり、霧雨の中の出立ちとなりました。

京都平野の道中の村々では、お潮井採りの往来を春を告げる季節の行事として、英彦山からの
山伏を「やんぶしさん」と呼び、酒迎えの「接待座」で迎え五穀豊穣を祈り「貝伏せ」をしてもらい、
無病息災を祈願する。
今でもそれは、作法通りに厳粛に守られているのです。

P1740592.JPG

青々とした竹の「潮井筒」、これに沓尾海岸・姥が懐(うばがふところ)で汲み取った潮水を
持ち帰ります。
その潮汲みの様子は、現在も「見たものは目がつぶれる」と伝えられ秘儀とされている。

P1740580_collage.jpg

P2280025.JPG

英彦山の集落の人たちは、見送りに家々の前に出て挨拶を交わす。

北坂本の集落から、一行は「御料車」に乗り込みいよいよの出発となりますが、その昔は
馬車に荷物などを積み徒歩での行脚だったそうな。


P1740606.JPG

P1740598_collage.jpg

山から、平野、そして海へと人々をつなぎ、季節を告げて来た神事、お潮井採り。
そして、吹き鳴らされる法螺貝の音に、英彦山の春の訪れを知るお潮井採りでもあります。


★ つれづれに一句

  英彦山に 春告げ千年 神事かな   yamahiko
   ・ひこさんに はるつげせんねん しんじかな






posted by yamahiko at 15:08| 歳時記

2019年02月27日

皆で見守る

2月27日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2270013 (2).JPG

雨粒を溜めた、セリバオウレン。
このところ山野草の記事が急に増えてきたようで、さすがに3月も近づいて来たなと、この
ブログからも分かりますね。

冬眠から覚めたように、待っていた花たちが次々に咲き初め、花散策などで英彦山を訪れる
人たちも増えてくる、そういうシーズンの始まりです。
咲いているその場所の問い合わせなどもあり、そういう時は「自分で見つけることを、楽しみに
してください・・」と、やんわりと応えるようにしています。

それが結局は植物の保護につながる、と思っているからです。
ブログにアップするときも、極力その場所が特定されないようにしていて、他のブロガーさんも
その気遣いはされているようです。

P2270008.JPG


P2270018.JPG

今、英彦山の植物は危機的状況です。

シカの食害は深刻だがそれとは別に、根こそぎやられて去年までは確かにここにあったのになぁ・・、
という事があります。
困ったものです。

P2270020.JPG

これからもずっと、皆で大事に見守り愛でたいものですね。

★ つれづれに一句

  先ん出る 事に始まる 芽吹きかな   yamahiko
     ・さきんづる ことにはじまる めぶきかな










posted by yamahiko at 22:03| 植物・春

2019年02月26日

籾山神社へ、ユキワリイチゲとフクジュソウ

2月26日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2260081.JPG

陽気に誘われて、九重の花巡りへ。
まだこの時期は限られた花しかないが、もうユキワリイチゲとフクジュソウが見頃のはずだ。

フクジュソウは先日熊本の仰烏帽子山まで行って花の盛りを堪能したばかりだが、今年も
籾山神社のそれが気になるし、という訳でもう行くしかないな。

P2260014.JPG

籾山神社は九重山系の大船山・黒岳の今水登山口から15分程度、近くには長湯温泉がある。
いつも花に気を取られてばかりだったので、今回はこの神社の来歴も少しだけ。

籾山八幡社は古くは「直入物部神社」と呼ばれ、景行天皇の土蜘蛛討伐の折に、戦勝を祈願して
祀られた 直入物部之神を祀った神社です。
建久年間(1190年〜1198年)、鎌倉幕府の時代に直入物部神社(なおいりもののべじんじゃ)
から、籾山八幡となった神社です。

P2260009.JPG

P2260007_collage.jpg

樹齢800から1000年と言われる樹高25m、根周り11mの県指定天然記念物の大ケヤキと
参道には、数百年の大スギの並木がある。
最近はその古格と共に、パワースポットとしても人気を集めているとか。

そして、その一隅に咲く季節の花も人気の秘密かもしれない。

P2260046.JPG


フクジュソウ、もう見頃になっている。

入れ替わり立ち代わりカメラマンがやって来ては、この日和を喜び合いながらも、一面に広がる
黄色の輝きを、踏まぬように気を付けて歩かなければね。


P2260031_collage.jpg

P2260027.JPG

充分に楽しみました、有り難うございました。

P2260060.JPG

神社の参道から裏山に群生するユキワリイチゲ、まだ蕾でした。
もう明日には開花しそう〜、残念〜!

という訳で、とある場所へ移動しましたが、咲いていた!

P1740547.JPG

P2260071_collage.jpg

P2260067.JPG

上品な花です。

P1740540.JPG

僅かな風にも揺れやすく、それも春の花らしく好い感じだな。

★ つれづれに一句

  揺れ易き 事にも春の 花として   yamahiko
    ・ゆれやすき ことにもはるの はなとして










posted by yamahiko at 22:17| 植物・春

2019年02月25日

フキノトウが

2月25日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2240070.JPG

フキノトウを見つけた。
これから競争のように色々の芽吹きがはじまるが、やはりこれは特別だな。
春の香りだ。

きっと土の中では、ドクンドクンと水を吸い上げているんだろう。

★ つれづれに一句

  萌え出づる 大地むずむず してをりぬ   yamahiko
   ・もえいづる だいちむずむず しておりぬ




posted by yamahiko at 19:32| 植物・春

2019年02月24日

岩屋神社へ、史跡巡り

2月24日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2240041.JPG

まだまだゲンカイツツジの季節でもないが、朝からの好天に誘われて宝珠山村の岩屋神社周辺を
グルリと周回してきました。
岩屋神社を中心にした一帯は、彦山山岳修行の重要な修行場であり鎌倉時代に書かれた文書には、
「行者は、必ず岩屋神社の宝珠石に祈り・・・」と記されている。

奇岩と史跡の連続で、歴史散策のような気分になりお気に入りのスポットであり、去年の12月に
東京からのテレビ局スタッフを番組制作のロケハンで案内し、それ以来という事になる。


P2240074.JPG

つい見逃してしまいがちだが、一の鳥居はキャンプ場の横にあり、それを横目にみて上の駐車場
まで行き、そこから登ることにしよう。

P2240073.JPG

P2240006.JPG

今はウメが盛りで、他にだれもいない静けさの中。
いつもゲンカイツツジが見頃の時季に来ているので、今日は完全に史跡巡りモードだな。

歩き始めてすぐの石段を登ると、もう五百羅漢などが建ち並ぶ異界が広がる。

P2240016_collage.jpg

岩屋の馬の首根岩と、洞門を潜る。
江戸時代(1834〜1843)年に、岩屋神社の縁起を書き残した岩屋坊良べんが、自ら
手で彫ったものだと云います。


P2240020.JPG

P2240010_collage.jpg


岩屋神社が、見えて来た。
岩屋神社本殿は、1698年(元禄11年)に建立されました。
1978年(昭和63年)彦山修験道に関係する数少ない貴重な建造物として国重要文化財に
指定され、2006年(平成18年)できる限り古材を活かし復原された。

その昔、「宝珠石」が岩屋に飛来したという伝承。
宝珠とは、仏教用語で「何でも願いが叶う不思議な宝石」
その後宝珠石は、ご神体として岩屋神社に薦に包まれて祀られ、延々と今日まで村人により
受け継がれているのです。

長くなりました、次へ行こう。

P2240037.JPG

P2240036.JPG

熊野神社を見上げる。

貞享3(1686)年に村民が建立した板葺き三間社流見世棚造りの社殿は、天狗が蹴って穴を空けた
という、熊野岩の険しい岩場に建てられた懸造りです。
修験道が色濃く残されている聖域には、鬼や天狗が登場するものですね。

ここからは、岩稜に細く穿たれた道を鎖伝いに慎重に進むことになります。

P2240041.JPG


修行者が行き交った道、行者道を行く。

P2240043.JPG

見晴らしが好いなぁ、遠く竹集落の棚田を見下ろす。

P2240054.JPG


P2240051.JPG

P2240046_collage.jpg

岩あれば石仏あり、どこも手入れがされていてこれにも感心だ。
大日社に立ち寄り、苔むした石畳を踏み下山しよう。

★ つれづれに一句

  春愁や 苔むすままの 行者道   yamahiko
    ・しゅんしゅうや こけむすままの ぎょうじゃみち


P2240066.JPG

もう咲いていた、サツマイナモリ。


















posted by yamahiko at 22:34| 山行記録